憧れる人になるために身だしなみには注意しよう

憧れのナースになりたい!

憧れは見るものではなく近づくもの

あなたも憧れられる人になろう!

身だしなみは常にキレイに整えよう

身だしなみは常にキレイに整えよう

看護師の身だしなみはとても重要な意味を持っています。ただでさえ気持ちが落ち込んでいる患者さんなどと接する際に、不潔感があったり、だらしない服装をしていると患者さんは気持ちが前向きになれません。質素な身だしなみでも笑顔で接してくれる看護師を患者さんは求めています。看護師の身だしなみで気をつけるべきポイントを押さえましょう。

爪は要注意

爪は要注意

多くの病院では看護師のマニキュアやネイルは禁止されています。採血をするとき、注射をするとき、患者さんを起こしたり支えたりするのにとても邪魔になりますし、患者さんを傷つけてしまう恐れもあります。そして注射をするときは特に手元を注目されるので、それだけで患者さんに不快感を与えしまうこともあります。そしてマニキュアやネイルではなく、単純に爪が汚かったり伸ばしていたりするのも同じような理由で好ましくありません。
看護師は人の命を預かっている責任をしっかりと意識して仕事に取り組むように心がけましょう。しかし、病院によってはマニキュアやネイルを許可している美容クリニックなどの病院もあり、自分が働く病院でどのような役割を期待されているかを意識した身だしなみをすることが大切です。

髪型に関してチェックすべきこと

髪型に関してチェックすべきこと

看護師は女性が多いこともあり、普段髪の毛に色を入れている人も少なくありません。髪の毛に色を入れることを全面的に禁止している病院は少ないかと思いますが、あまりにも色が薄すぎたり濃すぎたり、奇抜だったりすると注意を受けることもあります。清潔感のある自然な茶色などであれば問題ありません。
髪の毛の長さに関してはロングな人であれば、検査機器を使用する際に邪魔になったり、患者さんの体に触れたりすることで不快感を持たれることがあります。髪の毛は肩ぐらいまでの長さがベストですが、少し長くてもまとめるなど工夫して邪魔になったりすることのないように注意しましょう。

化粧はナチュラルメイクを

化粧はナチュラルメイクを

女性の中には濃い化粧をすることが好きな人もいるかと思いますが、基本的に看護師は患者さんの病気を治す支援をする目的で働いています。よって、自分が好きなメイクだからとマスカラや濃い口紅で派手なメイクをする必要はありませんので、ナチュラルメイクを心がけましょう。そして派手なメイクは同僚にも患者さんにもあまり好かれるとは思えませんので、派手なメイクをしたい気持ちはプライベートで発揮して、仕事と私生活を分けて考えましょう。

TOPICS

憧れのナースになりたい!

この記事も一緒に読んでみてください!